マイアカウント

メインメニュー

サポート

商品検索 商品検索

ソファの弾力表記について

ソファを選ぶ時にインテリアとしての「デザイン」や「サイズ」だけを見て選んでしまいがちですが、用途にあった「実用性」も長く愛用していくためには大切なポイントになります。
そのためには実際の座り心地をライフスタイルや用途に合わせて選ぶことが大切です。

ソファの座り心地を左右する上で、重要なソファの座面・背面の硬さについてです。
リビングハウスではソファ選びのポイントとして、ソファの弾力の目安を座面・背面に分けて5段階表示で記載しております。また商品によっては、お近くの実店舗で実際に座り心地を体験して頂くこともできます。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ソファの弾力の基礎知識

イタリアとデンマークなど北欧地方で作られているソファの特徴を比べると、その構造と生活スタイルの因果関係が見えてきます。陽気で感情的な国民性で知られるイタリア人の生活、家よりも野外で集まり時間を過ごす文化から、デザインやフカフカの座り心地の良さが重視されています。

一方、北欧では長い夜と冬の季節を家の中で過ごす時間が長く、派手な座り心地よりも、長時間座っていても疲れにくいなど、機能的に考えられ、硬めの弾力の物が多いです。
あなたのライフスタイルに合わせて、最適な弾力のソファをお選びください。

柔らかな座面

心をいやす柔らかな座り心地は「おもてなし」としても最適

特徴として、座った時の心地良さや癒し、豪華さを感じます。
来客者を招き入れる事の多いリビングやロビー、応接室での「おもてなし」として最適です。 座っている時間が1~2時間程度であれば、心地よさを優先した柔らかめの座り心地がおすすめです。

硬めの座面

ソファで過ごす時間が長いなら、腰への負担が少ない硬めの座り心地を

長時間座っていても疲れないことが特徴です。
生活の中で、ソファで過ごす時間が長い場合は硬めをお選び頂いた方が腰にも負担をかけず楽に過ごすことができます。車の座席も長時間の運転で疲れないのは硬めのシートです。